お宮参り 服装

お宮参りの服装マナーといっても、失礼の無い程度でいいのかもしれません。我が家では、息子誕生の時は水天宮に行きました。従妹は寒川神社で友人は明治神宮だったそうです。お宮参りは赤ちゃんの誕生を祝う行事です。

生後1ヵ月頃の善き日を選んで、子供の健康長寿を祈ります。男子は生後31日目、女子は生後32日目が正式だそうですが、実際には天候やパパの休みに合わせて行う例が多いようですね。

産土参り、初宮参り、初宮詣と呼ぶこともあります。産土神は生誕地の守り神のことです。あと、神社の作法は、手洗い場で手と口をすすぎ、神前におさい銭をあげて鈴を鳴らし2礼2拍手1礼だそうです。

お宮参り 初穂料

お宮参りの初穂料といえば、気になるのは書き方と金額でしょうか。長男の時はお宮参りの服装を揃えて望みました。神主さん詞(のりと)をあげる調子がおかしくて、でも笑ったら失礼なので堪えるのに必死でした。祝詞のお礼は白い封筒やのし袋にお金を入れます。

お宮参りの初穂料の書き方は、まず初穂料あるいは御玉串料と表書きして、下に赤ちゃんの名前を書きましょう。のし袋の水引きは赤白蝶結びを使います。

また、一般的にはお礼の金額が決められているようですが、予約を入れる時に社務所で訊いてみるといいと思います。相場は五千円くらいだと思います。お宮参りが済むとお守りや縁起品を賜ることもありますね。

その場合は1万円程度が目安でしょう。神社お宮参りのお礼は玉串料あるいは初穂料といいます。お寺の僧侶に読経をして頂き、その祈祷料はお布施と呼ぶそうです。

お宮参り 衣装

お宮参りの服装は、一般的には妻の実家が祝着を準備します。また男子は、のし目模様のお宮参り服装がしきたりで、女子の産着は友禅模様などでしょう。赤ちゃんのお宮参り服装は、ベビー用品売り場などに衣装セットがありますが、 近頃はベビードレスなどを着せるようです。

お宮参りの服装は、レンタル貸衣装を利用もおすすめでしょう。次子に使用する、誰かにあげるなら別ですが、実用的な衣装なら後で洋服として使えるでしょう。もし、赤ちゃんが正式な祝着なら、祖母や両親のお宮参り服装もしきたりに従い留め袖の正装か、色無地の着物や訪問着の略式礼装で良いと思います。簡潔なお宮参り服装なら、時期に適った父親はスーツ、母親は色無地着物で良いでしょう。

お宮参り 写真撮影

友人はお宮参りの服装を豪華にして、写真館スタジオアリスで素敵なお宮参りの写真撮影をしました。今はデジカメや携帯電話でも気軽に写真が撮れますから、昔のように固まることも少なく自然なショットが多いようです。写真を上手に撮る基本は、被写体を画面いっぱいに写すことだそうです。微妙な赤ちゃんの表情を捉えて、お宮参り服装の柄も鮮やかに写るでしょう。写真撮影の位置を近距離にして、赤ちゃんの表情を捉えましょう。また、赤ちゃんだけに目がいってしまいシャッターを切ると、変なモノが写っていた!というのは友人が妹の結婚式パーティでスナップを撮ったら、新婦のドレス脇に何故か薬缶とゴミ箱が写っていたので…まぁ、正式な写真ではないから無作法にはなりませんね。なので、写真撮影の時は画面をよくチェックしましょう。シャッターは脇を引き締め、息を止めて押します。ぶれないカメラが今の主流ですが、多少の手ブレはあるでしょうから。うちは失敗の写真もおおいですが、法要、夏休みの尾瀬、野外バーベキュー、どれも思い出のショットは宝物ですね。